裁判員制度について

東京都江東区のマンションで女性を拉致して、殺害し遺体を遺棄した
星島被告に無期懲役の判決が出ました。

この裁判で、検察は裁判員制度を意識した立証を展開したそうです。

ニュースでは素人の裁判員に死刑が出せるのかどうか、
正しい量刑を導くことができるのかを疑問視していました。

もちろん、このような事件を担当する裁判員もいるかと思いますが、
極端な例だけをあげて、心配ばかりするのはどうかと思います。

そもそも、裁判員制度が導入されたのは、裁判で出される量刑が
一般人の感覚からすると『軽いのでは?』というところから出発し、
その感覚も裁判に取り入れようとするものではなかったでしょうか?

決してプロの代わりに、判決を出せと迫っているのではないと思います。

事実認定や量刑はプロに任せて、裁判員はそれに対する
一般庶民の考えをぶつければいいのだと思います。

また、それにより『死刑』を選んだとしても、気にする必要はありません。
自分の良心に従って裁判にあたればいいのだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : ニュース 社会 裁判

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

グレートゼブラ

Author:グレートゼブラ
札幌在住のSEです。
どぞ、よろしく!

ユーザータグ

ニュース 政治 スポーツ 世界 マスコミ 社会 事件事故 オリンピック IT 芸能 科学 経済 札幌 事故 MLB 国会 北海道 地域 メジャー サッカー 文化 ゲーム 将棋 IT 事件・事故 ゴルフ 沖縄 マスゴミ 確定申告 e-Tax iPad 日本ハム 中国 環境 円高 事件 雪まつり 裁判 漫画 北朝鮮 地方政治 夕張 宇宙 外国人参政権 映画 携帯電話 ルーピー 化学 

注目記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

何となく参加してます
検索フォーム
広告
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード